FXおすすめ分析ツールのMACD、失敗しない設定や活用法を解説!

テクニカル分析MACD
きな子
きな子
FXハムトレーダー☆きな子です^^

MACD」って何?まずはどう読むの?
設定値や、使い方はどうすればいいの?

FXのインジケータで有名な「MACD」。よく聞くけど見方、使い方よくわからないんだよね~。

という方のために、今回は、「FXおすすめ分析ツールのMACD、失敗しない設定や活用法を解説!」というテーマで解説します。

FXでもなんでも、「それ、知ってる」と思った瞬間に学びは無くなります。
日々の学習があなたのFXスキルを引き上げてくれること間違いないですよー!

それでは、さっそく見ていきましょう^^

目次

  1. FXにおいて知っておきたい分析ツール!MACDとは?
  2. 実際に相場でMACDを活用する方法と設定値
  3. これが正しい、ヒストグラムの見方
  4. 意外と知られていない!MACDの計算式
  5. MACDを使用する際の注意点
  6. まとめ
    6-1. きな子のメルマガへようこそ^^
    6-2. 無料相談受付中です♪

FXにおいて知っておきたい分析ツール!MACDとは?

MACDマックディー)とは、
「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略で日本語では「移動平均収束拡散」と呼ばれます。

名前の通りMACDは移動平均線から派生したオシレーター系インジケーターです。1980年前後にアメリカのジェラルド・アペルによって発明された指標の事。

MACDに使用される移動平均は「単純移動平均(SMA)」ではなく「指数平滑移動平均(EMA)」です。

ですから価格の値動きにより早く反応可能なためトレンドの転換点を推測するのにとても良いインジケーターです。

上昇・下降トレンド形成時に有効でレンジ相場には弱い傾向があります。

実際に相場でMACDを活用する方法と設定値

実際の相場でMACDを活用する方法を見ていきます。

MACDは基本となる線MACDと移動平均線であるシグナルと呼ばれる2本の線の推移により相場を判断します。

ポイントはMACDとシグナルの位置、ゴールデンクロス、デットクロスなどMA(移動平均線)と同じです。

>>MA(移動平均線)についてはこちら<<

MACDのおすすめ設定値は、こちらです!

MACD⇒ 2本の移動平均線の差。12日MAと26日MAの差を1本の線で表示。
シグナル⇒ MACDの移動平均線。9日MA

MACD買いシグナルと売りシグナル

(1)MACDが下向きでシグナルがMACDより上にある場合、相場は弱いと判断します。
 シグナル>MACD → 相場が弱い
 
(2)その後MACDがシグナルを上抜けすると(ゴールデンクロス)買いのタイミングになります。

(3)MACDが上向きでシグナルがMACDより下にある場合、相場は強いと判断します。
 シグナル<MACD → 相場が強い

その後、MACDの上昇がゆるくなりシグナルを下向けすると(デットクロス)売りのタイミングになります。

これが正しいヒストグラムの見方

正しいヒストグラムの見方を見ていきます。

その前に、ヒストグラムとは、
特定のデータを区間ごとに区切って、それぞれの区間の個数や数値のばらつきを棒グラフに似た形の図で示したグラフの事です。統計グラフの一種です。

棒グラフで覚えればいいかと^^;

ヒストグラムも単独でシグナルとして活用することができます。

ヒストグラム

ヒストグラムはMACDとシグナルの差をグラフ表示しています。
つまり、MACDとシグナルが交差したときに0になります。

ヒストグラムが「マイナス→0→プラス」買いのタイミングとなります。
ヒストグラムが「プラス→0→マイナス」売りのタイミングとなります。

意外と知られていない!MACDの計算式

MACD=短期EMA-長期EMA
MACDシグナル=MACDの単純移動平均線(SMA)  
ヒストグラム=MACD-シグナル  

難しそうに見えます^^;
ですが、MACDの計算式は 短期移動平均線-長期移動平均線 
ということで、覚えなくてもOKです!

MACDを使用する際の注意点

MACDは多くのトレーダーに人気あるテクニカルですが、デメリットも存在します。

まずMACDのメリットですが、トレンドには強い、デメリットはレンジ相場(ボックス相場)には弱いということです。

従って今、トレンドが発生しているのか?いないのか?
ここが重要なポイントになります。

まとめ

今回は、「FXおすすめ分析ツールのMACD、失敗しない設定や活用法を解説!」というテーマで書いてみました。

テクニカル分析は一長一短がありますので、万能なテクニカルというのは存在しません。
MACDとMA(移動平均線)やRSIを組み合わせて使用することでより強力で信頼度が増すインジケーターとなりますので、併用することをお勧めします^^

>>FXおすすめテクニカル!移動平均線(MA)はこちらから<<

>>FXおすすめテクニカル!RSIはこちらから<<

   

ただ、忙しくて自分でしっかりと分析するための時間が確保できない方や、プロレベルの完璧な分析をしたい方は、まずは高性能なシステムやプロの技術を学ぶこともおすすめです。下記のページから、おすすめをご紹介しているので、ぜひご覧くださいね☆

それでは、今回もブログを読んでいただきありがとうございました。
あなたの人生が彩られることを祈っています(*^^*)

きな子
きな子
FXハムトレーダー☆きな子でした^^
おすすめ商品一覧バナー

きな子メルマガへようこそ^^

きな子のメルマガ

ハムトレーダー☆きな子のメルマガへようこそ^^

投資手法やお金の知識などブログでは書けない秘密の稼げる情報を配信しています。

こちらの登録は無料で、いつでも配信解除できますのでお気軽に登録くださいね(*^^*)

不定期で配信していますが、有益な情報を配信しますね☆

>>きな子メルマガをのぞいてみる<<

無料相談受付中です

無料相談

只今、無料相談受付中です^^

2004年から数々の投資を試してきた、きな子がおすすめする商品を知りたい方もこちらからご相談くださいね!


>>きな子に無料で相談してみる<<

ハムトレーダー☆きな子
でした(*^^*)

きな子