FXで失敗しない!最強インジケーターのランキングと鉄板組合せ手法

インジケーター
きな子
きな子
FXハムトレーダー☆きな子です^^

FX取引で使用する「インジケーター」は、皆さん知っていて使いこなしていますでしょうか?「インジケーター」を上手に使いこなすことでトレードの成績もアップしていきますよ!

今回は「FXで失敗しない!最強インジケーターのランキングと鉄板組合せ手法」というテーマで見ていきます。

では、くわしく解説していきます。

目次

  1. インジケーターとは?
  2. インジケーターは2種類
    2-1.トレンド系インジケーター
    2-2.オシレーター系インジケーター
  3. 失敗しない!最強インジケーターのランキング
    3-1.移動平均線(MA)
    3-2.MACD(マックディー)
    3-3.RSI(アールエスアイ)
    3-4.ボリンジャーバンド
    3-5.一目均衡表
  4. 失敗しない!インジケーターの組み合わせ手法
  5. インジケーターを使用する際の注意点
  6. まとめ
    5-1.きな子のメルマガへようこそ^^
    5-2.無料相談受付中です♪

インジケーターとは?

FXで使用されるインジケーターとは、為替レートを様々な方法で加工した数値を今が買い時か、売り時かを判断するために使われる指標の事です。

ローソク足とインジケーター比較

はじめてのローソク足だけ表示されているチャートを見ても、FX初心者の方はどう見ていいかわからないですよね?そこで、インジケーターが活躍するのです!


インジケーターを使うことで、トレンドの強弱や方向性がはっきりして見えてきます。

ローソク足だけでは、判断がつかなかった相場もこのインジケーターを表示させることでエントリーのタイミングや決済のタイミングなどが視覚的にわかりやすくなります。

インジケーターは2種類

FXのインジケーターは2種類あります。
相場が「上昇するのか、下降するのか」がわかるものと「買われすぎ、売られすぎ」を教えてくれるものに分かれます。

トレンド系インジケーター

トレンド系インジケーターは、相場が「どのようなトレンド(上昇・下降)で動いているか」わかる指標です。

上昇トレンドや下降トレンドが発生しているトレンド相場で、順張りでトレードする指標として使用する方が多いのが特徴です。

代表的なトレンド系インジケーターは、以下の3つ。
>> 移動平均線(MA) <<
>> ボリンジャーバンド <<
>> 一目均衡表 <<

オシレーター系インジケーター

オシレーター系インジケーターは相場の「買われすぎ、売られすぎ」など相場の過熱感を教えてくれるものです。

トレンドが出ていないレンジ相場で、逆張りでトレードする指標として使用する方が多いのが特徴です。トレンド相場ではダマシが発生します。
ダマシとは、売買サインがでたものの、相場がそのサインとは反対方向に動いてしまう事。

代表的なオシレーター系インジケーターは、以下の3つ。
>> RSI <<
>> MACD <<
>> ストキャスティクス <<

失敗しない!最強インジケーターのラインキング

ランキング

FXで失敗しない!最強インジケーターのランキングは次の通りです。

1.移動平均線(MA)

MA

移動平均線(MA)は、期間を指定しその期間の終値を合計して、それを指定した期間で割った数値を連続させたものです。相場の方向性がわかるメジャーなテクニカルツールですね☆

設定値は、5,25,75,200 が良く使われる値です。
詳細は、以下の記事を参照してみてください。

こちらの記事も合わせて読んでみて下さね!

2.MACD(マックディー)

MACD

MACDは移動平均線から派生したもので、使用される移動平均は「単純移動平均(SMA)」ではなく「指数平滑移動平均(EMA)」です。

MACDがゼロより下でシグナルを下から上に突き抜けた場合 ⇒⇒⇒ 買いサイン
MACDがゼロより上でシグナルを上から下に突き抜けた場合 ⇒⇒⇒ 売りサイン

詳細は、以下の記事を参照してみてください。

3.RSI(アールエスアイ)

RSI

RSI(アールエスアイ)は、直近の一定期間における終値で上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いか計測しようとする指標のことで、買われすぎと売られすぎを教えてくれる指標ですね。

RSIが20~30%以下 ⇒⇒⇒ 売られすぎ
RSIが70~80%以上 ⇒⇒⇒ 買われすぎ
一般的には、レンジ相場で逆張り的に使用されます。

詳細は、以下の記事を参照してみてください。

4.ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド
白:±1σ ピンク:±2σ 緑:±3σ

ボリンジャーバンドは、移動平均線に「標準偏差」を組み入れ、上下に乖離させたトレンド系インジケーターで、相場の勢いや反転の目安、トレンド方向を見る指標として使われています。

詳細は、以下の記事を参照してみてください。

5.一目均衡表

一目均衡表

一目均衡表は、基準線、転換線、先行スパンA、先行スパンB、遅行スパンで構成されており基準線と転換線のクロスと位置で売買タイミングを計ってトレードします。

先行スパンAと先行スパンBの間が「」とよばれており、そこにローソク足が入ってくるとレジスタンスとサポートでもみ合いになると言われております。
もみ合いになる雲を抜けると抜けた方向にトレンドが加速します!

また、一目均衡表は、日本人(ペンネーム:一目山人)が提案したテクニカル指標で有名です。

失敗しない!インジケーターの鉄板組み合わせ手法

ここでは、失敗しない!インジケーターの鉄板組み合せと手法を紹介します。
組み合わせで有効なのが、トレンド系とオシレータ系を両方見ることですね!

様々な組み合わせがあると思いますが、ここではきな子のインジケーター鉄板組み合わせを紹介します。トレンド系からボリンジャーバンド、オシレーター系からストキャスティクスです。

インジケーター組み合わせ

ボリンジャーバンド±2σ、ストキャスティクス上限が80、下限が20です。

ローソク足がボリンジャーバンドの±2σの中を行ったり来たりしているレンジ相場でボリンジャーバンドはスクイーズ状態になっています。

こういう状態は、逆張りでエントリーするのが有効です。
ストキャスティクスが上限80の外尚且つ、デットクロスしたら ⇒⇒ 売り
ストキャスティクスが下限20の外尚且つ、ゴールデンクロスしたら ⇒⇒ 買い

この手法はレンジ相場が続いてる間機能しますが、最終的にはトレンドが発生するので最後に損切で終わります。トレンド相場がきたら順張りでエントリーする方向で考えましょう☆

インジケーターを使用する際の注意点

インジケーターを使用する際の注意点を見ていきます。

1.インジケーターに頼りすぎない

インジケーターには長所と短所が必ずあります。そのためインジケーターを信用しすぎると相場を把握できない可能性が出てきます。ローソク足で形成される価格が優先することを頭に入れておきましょう。

2.インジケーターを表示しすぎない

たくさんのインジケーターを表示させてることで、トレードの判断が良くなるとは言えません。画面がごちゃごちゃしすぎてかえって判断が鈍くなってトレードに影響が出てきます。
トレンド系を1つとオシレーター系を1つ表示させるなどがちょうどいいと思います。

自分のトレードスタイルやインジケーターの特徴をいろいろ見ながら自分に合ったインジケータを見つけてくださいね☆

まとめ

今回は、「FXで失敗しない!最強インジケーターのランキングと鉄板組合せ手法」というテーマで書いてみました。

相場が今どんな状態なのかしっかり見極めて、インジケーターを使い分けることをおすすめします。チャートを見てもわからないときは、「休むも相場!」ですよ☆

ただ、忙しくて自分でしっかりと分析するための時間が確保できない方や、プロレベルの完璧な分析をしたい方は、まずは高性能なシステムやプロの技術を学ぶこともおすすめです。下記のページから、おすすめをご紹介しているので、ぜひご覧くださいね☆

それでは、今回もブログを読んでいただきありがとうございました。
あなたの人生が彩られることを祈っています(*^^*)

きな子
きな子
FXハムトレーダー☆きな子でした^^
おすすめ商品一覧バナー

きな子メルマガへようこそ^^

きな子のメルマガ

ハムトレーダー☆きな子のメルマガへようこそ^^

投資手法やお金の知識などブログでは書けない秘密の稼げる情報を配信しています。

こちらの登録は無料で、いつでも配信解除できますのでお気軽に登録くださいね(*^^*)

不定期で配信していますが、有益な情報を配信しますね☆

>>きな子メルマガをのぞいてみる<<

無料相談受付中です

無料相談

只今、無料相談受付中です^^

2004年から数々の投資を試してきた、きな子がおすすめする商品を知りたい方もこちらからご相談くださいね!


>>きな子に無料で相談してみる<<

ハムトレーダー☆きな子
でした(*^^*)

きな子

最初のコメントをしよう

任意