FX「ボリンジャーバンド」失敗しない活用法と手法、メリット!

テクニカル分析ボリンジャーバンド
きな子
きな子
FXハムトレーダー☆きな子です^^

ボリンジャーバンド」って、何か演奏する方達?
なーんて冗談言ってる場合じゃないです^^

FXにおいて必須のツールである「ボリンジャーバンド(略してボリバン)」とても有名なテクニカル指標ですが、きちんと理解して実践で活用するためにはどうすればいいの?

今回は、「FX「ボリンジャーバンド」失敗しない活用法と手法、メリット!」というテーマで書いてみます!
さっそく、詳細を見ていきましょう~

目次

  1. ボリンジャーバンドとは?
  2. 初心者必見!ボリンジャーバンドで分かる事
  3. ボリンジャーバンド効果的な活用法と手法!!
    3-1.スクイーズ(squeeze)
    3-2.エクスパンション(expansion)
    3-3.寸胴型
  4. ボリンジャーバンドのメリット・デメリット
  5. まとめ
    5-1. きな子のメルマガへようこそ^^
    5-2. 無料相談受付中です♪

ボリンジャーバンドとは?

FX初心者分析ツール!ボリンジャーバンドとは1980年ごろにアメリカ在住の「ジョン・ボリンジャー」氏が開発した統計学から考え出された指標の事で、氏の名前から「ボリンジャーバンド」と呼ばれるようになりました。

価格(レート)が移動平均に対して乖離(離れる)と回帰(近づく)を繰り返すのですが、標準偏差内の中で動くことからレンジ相場とトレンド相場の両方で用いられるものですね。
ですから名前に、「バンド」がついてるのですね!

標準偏差は「シグマσ」で表示され、
・±1σに収まる確率⇒⇒⇒約68%
・±2σに収まる確率⇒⇒⇒約95%
・±3σに収まる確率⇒⇒⇒約99%
と言われております。

筆者含めほとんどのFXトレーダーはボリンジャーバンドのセンターライン
(移動平均線=MA)と±2σを表示させていますね☆

±2σに到達した後、高い確率で反転することからこの近辺を
多くのトレーダーが意識していることがわかります☆

初心者必見!ボリンジャーバンドで分かる事

価格(レート)がほとんどボリンジャーバンドの中に納まるという事は理解できました。
初心者は必見です。ボリンジャーバンドで分かる事を解説します。

・今「トレンド相場」なのか、「レンジ相場」なのかがわかる!
決済ポイントがわかる!
買われすぎ、売られすぎがわかる!

ボリンジャーバンドは、次に説明する3パターンの繰り返しになりますので是非とも覚えて有効活用してくださいね!!

ボリンジャーバンド効果的な活用法と手法!!

ここでは、ボリンジャーバンドの効果的な活用法と手法を見ていきます。

ボリンジャーバンドは、スクイーズエクスパンション寸胴型という3つのパターンを繰り返します。それぞれの特徴や手法を解説します。

スクイーズ(squeeze)

スクイーズ

スクイーズ(squeeze)は、絞る、搾る、詰め込むという意味があります。

スクイーズは価格(レート)の変動が少なくなり、ボリンジャーバンドも上下狭くギューッと圧縮されたような形状になります。

買いと売りが拮抗して上がるのか?下がるのか?わからない状態。
±2σを行ったり来たりするレンジ相場を形成します。

⇒どちらに動き出すかエネルギーを貯めている状態ですね☆
⇒これがチャートに現れたら、筆者の場合は「様子見」します。
この状態が長ければ長いほど次のエクスパンションの動きが大きくなりますので、ワクワクしますね☆

エクスパンション(expansion)

エクスパンション

エクスパンション(expansion)は拡大、拡張という意味があります。

スクイーズ状態でエネルギーが蓄えられた後、価格(レート)が一定の方向へ勢いよく動き出し、ボラティリティが増加、そしてボリンジャーバンドも外側に拡大する状態の事をエクスパンションと言います。

この状態は、強いトレンド相場を形成するので、「順張り」でエントリーします。

⇒買い方向に動き出すと、+2σラインを陽線が連続で出現します。
⇒売り方向に動き出すと、-2σラインを陰線が連続で出現します。
⇒上記の事を「バンドウオーク」と言います。
⇒たまにダマシがあるので注意が必要!

寸胴型

寸胴型

寸胴型とは、ボリンジャーバンドの上下幅が広く続く状態の事です。

こちらもレンジ相場となりますが、スクイーズとは異なり値幅がありますので、「逆張り」でエントリーします。
  
⇒-2σラインで買い、+2σで決済
⇒+2σラインで売り、-2σで決済
必ずしも±2σに到達するとは限らないので注意してください☆

ボリンジャーバンドのメリット・デメリット

ここでは、ボリンジャーバンドのメリットとデメリットを見ていきます。

メリット:現在の相場がトレンドなのか、レンジなのかが一目瞭然。
エントリー、決済のタイミングが分かる。
様子見した方がいいタイミングも分かる。     

デメリット:エクスパンションでダマシがある。
遅行指標であるため、エントリーが遅くなる。

まとめ

今回は、「 FX「ボリンジャーバンド」失敗しない活用法と手法、メリット! 」というテーマで書いてみました。

ボリンジャーバンドの概要、効果的な活用法、メリット・デメリットをしっかり把握できたと思います。

結論、相場は「トレンド」と「レンジ」を繰り返します。
ボリンジャーバンドを活用することにより今がトレンドなのか?レンジなのか?すぐわかるという事ですね! 

ただし、エクスパンションでのダマシなどがあるため、複数の指標を見ながらエントリーすることをお勧めします☆

>>FXおすすめテクニカル!RSIはこちらから<<


ただ、忙しくて自分でしっかりと分析するための時間が確保できない方や、プロレベルの完璧な分析をしたい方は、まずは高性能なシステムやプロの技術を学ぶこともおすすめです。下記のページから、おすすめをご紹介しているので、ぜひご覧くださいね☆

それでは、今回もブログを読んでいただきありがとうございました。
あなたの人生が彩られることを祈っています(*^^*)

きな子
きな子
FXハムトレーダー☆きな子でした^^
おすすめ商品一覧バナー

きな子メルマガへようこそ^^

きな子のメルマガ

ハムトレーダー☆きな子のメルマガへようこそ^^

投資手法やお金の知識などブログでは書けない秘密の稼げる情報を配信しています。

こちらの登録は無料で、いつでも配信解除できますのでお気軽に登録くださいね(*^^*)

不定期で配信していますが、有益な情報を配信しますね☆

>>きな子メルマガをのぞいてみる<<

無料相談受付中です

無料相談

只今、無料相談受付中です^^

2004年から数々の投資を試してきた、きな子がおすすめする商品を知りたい方もこちらからご相談くださいね!


>>きな子に無料で相談してみる<<

ハムトレーダー☆きな子
でした(*^^*)

きな子